定期的に発散させることが大切

日本人はストレスを溜め込みやすい性格の人がとても多いと言われています。
仕事に対して真面目で、我慢強い性格が裏目に出てしまいストレスをどんどん溜め込んでしまう方が多いようです。
ストレスが恐ろしいのは、目に見えない存在だということです。
いつの間にか私たちの心身を蝕んでいき、気が付いた時には修復するのが困難になるほど大きなダメージを与えてしまいます。
特にIT関連の仕事に従事している人はストレスを感じやすく、日々の仕事が忙しいためストレスを解消する暇もないという方も多いです。
仕事で感じたストレスは、できるだけ早めに発散させて溜め込まないように注意したいものです。
ここでは時間がない方にもおすすめしたいストレスを発散させる方法を紹介します。

運動をする

体を動かすことはストレス解消法として最も効率が良い方法だと言われています。
できるだけ30分から1時間くらいは運動をする時間を作りたいものです。
しかし、仕事が忙しくて運動する時間を設けることすら難しいという場合に、無理をして運動を優先させることが更にストレスを感じさせる原因にもなります。
そこで効率良く運動するために、通勤時間を利用してみましょう。
電車で通勤をしている方は、1駅分を歩くようにしてみましょう。
徒歩が難しい場合は自転車を使うなどの工夫をして、できるだけ体を動かす工夫をしてください。
他にもエレベーターなどを使うよりも階段にするという地道な努力を積み重ねることも大切です。
あまり気合いを入れて運動をするとプレッシャーにもなり兼ねないので、リラックスしながら体を動かすようにしてください。

理解者に愚痴を言う

ストレスを感じた時には、誰かに話を聞いてもらうのが一番良いです。
ただし、誰でも良いというわけではありません。
あなたの愚痴に対して反論をして「いや、それはあなたが悪い!」と言われてしまうと、更にストレスが倍増するので意味がありません。
肝心なのは、あなたの気持ちを理解してくれる人に愚痴を言うことが大切です。
身近な理解者である家族や恋人、親友などあなたが心から信頼できる人に話を聞いてもらってください。
ただ黙って話を聞いてくれるだけでも良いですし、時折共感して頷いてくれると気持ちが吹っ切れてきます。
信頼できる関係の人が近くにいないという場合には、ストレスに感じたことをひたすら紙に書いておくのも良いでしょう。
大切なことは、自分の心にだけストレスを溜め込まないことです。

リラックスできる飲み物

仕事が忙しいと何かとイライラするものですが、あなたがリラックスできる飲み物があると心が落ち着いてくるものです。
ハーブティーやコーヒー、紅茶などあなたが好きな飲み物を会社に用意しておくといつでも飲むことができます。