一日の過ごし方が変わる!

仕事中はできるだけ集中して過ごしたいものですが、どんなにやる気があっても頭がボーっとしたままでは集中できません。
こんな日は何をやっても集中できないので、ただ時間だけが過ぎ去るような一日になるかもしれません。
貴重な一日を大切に過ごすためには、朝の過ごし方を変えてみると良いと言われています。
効率良く仕事を進めるためにも、効果的な朝の過ごし方を実践してみてはいかがでしょうか?

参考:朝型生活の始め方・楽しみ方

体内時計のリズムを整える

人間の体は基本的に外が暗くなったら眠くなって、外が明るくなると自然に目が覚めるという体内時計が備わっています。
子供の頃にはこのような生活が当たり前だったのに、いつの間にか夜更かしをするようになって起床時間がバラバラになっている方も多いでしょう。
一度狂ってしまった体内時計のリズムを整えるのは難しいかもしれません。
本来の健康的なリズムを取り戻すには、子供よりも大人の方が苦労するものです。
少しずつ慣らすようにして、目覚まし時計を使わなくても自然に目覚める生活を目指してください。

体内時計のリズムを効率良く改善する方法としておすすめなのが、起床後すぐに朝日を浴びることです。
太陽の光は想像以上に偉大なもので、体内時計の悪循環をリセットしてくれる役割を担っています。
できることなら起床後に10分だけでも朝日を浴びながら外を歩くようにすると、とても気分が良くなって一日スッキリと過ごせるようになります。

朝ごはんは抜かない

朝は忙しくてご飯を用意する時間がない、朝からお腹いっぱいになるまで食べると太ってしまうなどの声も聞かれますが、余程の事情がない限りはきちんと朝ごはんを食べる準備を整えておきましょう。
朝ごはんを抜くと、どうしても頭がボーっとしてしまうのは体を動かすためのエネルギーが不足しているからです。
特に女性は太るからという理由で敬遠している方も多いですが、本当にもったいない話です。
可能な範囲でも構わないので、朝ごはんをきちんと食べてから出勤することが大切です。

用意には余裕を持つ

就寝時間があまりにも遅かったとか、朝の過ごし方が良くなかったなどの理由で家を出るギリギリまで時間に追われて用意をする方もいます。
せっかく早起きをして頑張っていたというのに、時間に余裕を感じられないという方も多いです。
この場合はいつもよりほんの少しだけ早起きしてみましょう。
たったの10分間違うだけでも、余裕を持って身支度をすることができます。
先に準備だけ済ませてしまい、時間が余っている場合はコーヒーを飲んだりしてゆっくりとした時間を過ごしましょう。
仕事に出かける直前にリラックスできる環境が整っていれば、ストレス解消にも役立ちます。

朝の読書もおすすめ

読書を朝の時間に行うことも良いと言われています。
朝は脳の集中力が最も高いそうで、その時間帯に読書をすることで内容が頭に入って来やすくなるとのことです。
また、読書は心を落ち着かせる効果もあると言われており、
朝の忙しい時間帯に読書をすることでイライラを抑え、ストレス解消にも繋がります。

通勤の時間を使って読書をするという人も多いかと思います。
そういった人には、電子書籍の利用がおすすめです。
スマホやタブレットで閲覧すれば紙の本よりもコンパクトですし、狭い電車の中でも快適に読むことができます。
現在は多くの書籍が電子書籍として販売されているので、ラインナップも申し分ないでしょう。
(例:電子書籍・電子コミックストア Reader Store

とにかく、朝の時間は一日のリズムを決定するのに非常に重要な時間帯です。
今あまり有効に時間を使えていないという方は、是非朝の時間の過ごし方を見直して、より快適な一日を送れるようにしてみませんか?