自分のスキルに合わせて働く

WEB、IT業界で増えているのがフリーランスの働き方です。
もちろん、企業に属して正社員やパートタイム、契約社員などの立場で働いている方もいますが、企業に属している方の中には自分が本当にやりたい仕事ができないと考えている方も多いです。
フリーランスは業務委託という形で個人事業主として企業または個人から直接仕事を受ける形で働く事になります。
企業から直接受けた仕事であっても、その企業に雇用されているわけではありません。
ただし、仕事を完成させるにあたっていくらでどんな仕事を担当することになるのかを明確にして契約を交わすことになります。
企業から雇用されていないため、給料として受け取るのではなく、仕事の対価という形で報酬を受け取ることになります。
自分の力量に合わせて仕事を受けることができるため、ある程度は自分で仕事量を調整することができますし、自分が苦手としている仕事は無理をして受けなくても良いです。
企業に雇用されているよりも働きやすいとして、フリーランスの働き方を選択する方も多いです。

参考:「フリーランサー」という新しい働き方に注目!

フリーランスのメリットとデメリット

フリーランスとして働くことで得られるメリットは、何と言っても自分の力を発揮できる点です。
今まで企業に属していた頃には当然ながら仕事を選ぶことが難しかったはずです。
「どうして自分はこんな仕事をしているのだろうか。本当はもっと違う仕事をやりたいのに」と感じていた方も多いでしょう。
本来持っているはずの実力を発揮できずに悶々とした日々を過ごしていた方も多いはずです。
しかし、フリーランスになると自分の実力を活かした仕事ができるようになります。
どのような仕事を受けたいのかによっても異なりますが、実力次第では会社に属していた頃よりもはるかに高額な報酬を受け取ることができる場合もあります。
収入もアップし、生活がかなり楽になったと感じる方も多いです。

また、場合によっては在宅勤務も可能な点も大きなメリットになります。
インターネット環境さえ整っていれば、自宅はもちろんですが外出先のカフェでも仕事ができるようになります。
自由な働き方ができることからフリーランスになって良かったと実感しやすいです。

逆にデメリットになるのは、会社に属していた頃は加入していた厚生年金や各種社会保険等に加入できない点です。
例えば年金の場合、基本的にフリーランスは国民年金に加入することになり、当然ながら自己負担になります。
収入が安定するまではかなり痛い出費になると考えられます。

更に大きな問題として、仕事を簡単に受けられない可能性があることも考えられます。
他にもあなたと同じようにフリーランスで働きたいと考えている方がたくさんいるため、ライバルに出し抜かれて仕事を奪われる可能性もあります。