マイクロソフト製品の技術を問う検定試験MOS

IT関連の検定資格は、業務におけるスキルの認定に役立ち、就職や転職に役立つということで、多くの人に人気があります。
その中でも特に人気が高く、常にたくさんの受験者数を数えるのがこのMOSです。
MOSは、マイクロソフト製品の習熟度を問うための試験で、企業における業務で頻繁に用いられる、WordやExcel、Powerpoint、Access、Outlookの扱いを見ます。

こうしたソフトの取り扱いに長けていると、当然業務をより効率よく進めることができますので、雇用をする際にマイクロソフト製品の操作ができるかどうかをチェックするのがよく見られます。
こうしたチェックに対する答えとして、MOSの検定資格を持っていると、客観的にそのレベルを把握することができて、採用に有利に働くことになります。
また、転職などを考えていなくても、検定資格を取るということを目標にして勉強することで、それぞれのソフトについての技術を上げることもできます。

全国で月1、2回程度の頻度で試験が実施されていますので、かなり気軽に受けることができるのもうれしいところです。
もし希望するレベルに落ちてしまったとしても、すぐに再受験できるような制度になっていますので、繰り返しチャレンジできるのもモチベーションを高めてくれます。

一般レベルとエキスパートレベルの試験がある

MOSは、それぞれのソフトごとに試験が定められていますが、より使用されることが多いWordとExcelについては2つのレベルについての試験が設けられています。
一般的な知識を問うスペシャリストレベルと、上級者向けのエキスパートレベルがあり、自分の持つスキルに合わせて受験レベルを選択することができます。

Wordでは、文字サイズを変えたり文書の中に表を入れ込んだりと基本的な機能の使い方をマスターしていればスペシャリストレベルを受けることができます。
エキスパートレベルとなると、目次や索引を作成できるようになったり、他のプログラムからデータを読み込むなど、より高度な機能を使いこなせるレベルが求められます。

スキルアップに受験してみる

MOSはそれほど難度が高くありませんし、毎日の業務で使っていることがそのまま問題として出ますので、気軽に受けられるというメリットがあります。
スキルアップの一つの手段として受験してみるのも良いでしょう。

受験対策をしていく段階で、今まで知らなかった機能の使い方を覚えることにつながります。
とても実践的で、ビジネスにとても役立つ検定試験の一つとなっていますので、何かの資格を欲しいと思っているのであれば、まずはMOSにチャレンジしてみるのはいかがでしょうか。